淡路島に行ってきました♪ その1
淡路島に行ってきました

明石大橋
明石海峡大橋を渡り


行った先が、

猫美術館
中浜稔猫美術館

猫美術館
外観の壁には肉球、そして、スナメリに乗った猫


館内には、中浜稔氏が書いた、墨絵が展示されていました。

これは、一部ですが

墨絵

故郷


どの絵も、表情豊かでかわいかったです。

2階に展示されている「猫浜物語」は、とても切なくて、感動するものでした。
「猫浜物語」とは、奈良時代の淳仁天皇と、可愛がられていた猫“こま”の物語です。
その昔、こまという猫がいて、誰にも可愛がられなかったこまを、淳仁天皇がかわいがり、人間に不信を抱いていたこまも、天皇を慕うようになりましたが、皇位を奪われ、罪人にされた天皇は、淡路島に流されました。
天皇に可愛がられていたこまは、後を追いかけ、海を渡り瀕死の状態で、淡路島にたどり着きます。
そこで、天皇たちと一緒に流された、天皇の母が飼っていた猫の“チヨ”に助けられ元気を取り戻したこまは、チヨにまた会うことを約束し、天皇を探しに出かけました。

こま1
3枚目の写真にもあった、スナメリに乗ったこま

こま2
海を渡る途中、スナメリに助けられ、淡路島にたどり着きました。


ようやく探し当てた淳仁天皇は、もはやこの世の人ではなくなっており、悲しんだこまは、自分も死んでしまおうと、天皇のお墓の前で弱っていたところに、チヨが現れ、天皇のために生きるよう諭され、その後、こまとチヨは夫婦になり、たくさんの子供に恵まれ幸せに暮らした…という物語です。

機会があれば、行ってみる価値アリですよ

美術館の近くに、“猫神社”があったらしいのですが、知らなくて…(後でネットで見て知りました…
また行く機会があったら、訪ねてみようと思います。
Secret
(非公開コメント受付中)

コメントありがとうございます♪
マイキーさんへ
墨絵の他に、ちぎり絵もあったり、陶器もあったり、いろいろでした。
「猫浜物語」は、絶対読んで欲しいですね。
徳島の、お松権現社、行ってみたいです。

こんにちは♪
ちびたさん、こんにちは♪
淡路島に行かれたんですね♪
中浜稔猫美術館が目的地だったんですね♪
猫美術館ってあるんですね、猫好きさんにはたまらない所ですね♪
猫ちゃんの画も水墨画ですね、とても可愛くて素敵ですね♪
猫浜物語、とても感動する天皇と猫ちゃんの絆の物語ですね♪
見ていて行きたくなりました♪
四国徳島にも、猫ちゃんにいわれのある、お松権現社という神社があります♪
神社の中には、猫を祭ってて、野良ネコちゃんも大事に飼われてます♪
こういう、場所がたくさん全国に広がるといいですね♪
あなたはにゃん人目?
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ開設日
2006年9月27日
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

Name:
Mail address:
Title:
Body input:

ブログ内検索
保護者
我が家の娘たち
アルバム
RSSフィード